2021年最新版 Firefoxを最小時にタスクトレイに常駐する方法

eyecatch_616

問題点

2017年辺りののFirefoxの更新で、「MinimizeToTray revived」が使えなくなったことにより、Firefoxを最小時にタスクトレイに常駐させる方法がなくなって不便になった。Windows95~XPに近い、仕様のように、タスクバーにピン留めしない、タスクバーボタンを結合しない設定にしている場合は、使用しないFirefoxのウインドウはタスクトレイに常駐させておきたい。

スポンサーリンク

使用したFirefoxのバージョン

今回使用したFirefoxのバージョンは、85.0.2(64ビット)。2021年2月20日現在最新バージョンとなります。

616-003

解決方法

この対策自体は、「MinimizeToTray revived」が使えなくなってから、すぐに見つけた方法ですので、この記事を記載の段階で、4年くらい使っています。

今回の対策方法は、1998年ごろにリリースされて、最終更新は2011年となっている古参の海外ソフト、「RBTray」というソフトを使用します。

ダウンロードサイト

ダウンロードは、国内で昔から有名な窓の杜でダウンロードするのが、良いかと思います。

最新版は、2011年10月30日リリースの「RBTray Ver4.3」となります。

インストール方法

ダウンロードされるファイルは、「RBTray-4_3.zip」というファイルになります。
このファイルを解凍する。(ファイル右クリックのすべて展開(T)で可能)

616-001

回答するとこのようなファイル構成になっています。
使用しているWindowsの種類に合わせたビット数のフォルダーを開く。

616-002

使用方法

「RBTray.exe」を開く。
このソフトは開いてもタスクマネージャーくらいにしか表示されません。

Windowsの起動などに組み込んでおくと便利です。

RBTrayの機能に関して

RBTrayは、最小化を右クリックするとタスクトレイに常駐させることができるソフトになっています。

Firefoxの設定をする

Firefoxは、「MinimizeToTray revived」が使えなくなったタイミングで大きな仕様変更があり、実は、最小化のボタンの仕様も変更が入っています。動作的には、最初化のボタンもあり最小化はするが、Windowsの標準の最小化ボタンではなくなっているんですよね。そのため、そのままではRBTrayが使えません。使えなくなったタイミングで、実はタイトルバーが標準では表示しなくなっており、そのタイトルバーを表示させると、Windowsの標準の最小化ボタンに戻りようで、RBTrayが使えるようになります。

設定の本題に戻り、Firefoxの設定方法です。

616-004

Firefox右上の「三」をクリック、メニュー欄のカスタマイズをクリック。

616-005

画面の下側(古いバージョンは、上側の時もあり)にある、「タイトルバー」の左側のチェックボタンをクリックしてチェックを入れる。

616-006

画面上部にタイトルバーが表示されるようになります。
これで最小化のボタンを右クリックするとタスクバーに常駐状態になります。

616-007

こんな感じに最小化はされ、タスクバーからは消え、代わりにタスクトレイのみの常駐になります。

オススメ記事

eyecatch_76

Origin エラー MSVCR140.dll がない ダウンロードの方法…

不具合の原因 ソフトの動作に必要なVisual Studio…

eyecatch_39

Windows10の「Apex Legends」でmsvcr100.dll 見つ…

不具合の内容 不具合が出るタイミング パソコンのOSがWin…

eyecatch_616

2021年最新版 Firefoxを最小時にタスクトレイに常駐する方法…

問題点 2017年辺りののFirefoxの更新で、「Mini…