Office関連のアプリが起動するショートカットキーを無効にする方法

2021年1月19日

eyecatch_204

問題点

204-001

Windows10で 【 Ctrl 】 + 【 Shift 】 + 【 Windows 】 + 【 Alt 】 キーを同時に押すと、Office関連のアプリが立ち上がり邪魔である。
このうち2,3個のキーを使うときに間違って当たってしまって、使っているソフトが止まるなどの問題が発生する。

スポンサーリンク

解決法

この問題を解決する方法は、いくつかあると思いますが、今回記載の内容は、Windowsキーを用いるショートカットキーをすべて無効にする方法で、解決しようと思います。

レジストリエディターを開く

204-002

キーボードの 【 Windows 】 + 【 R 】 キーを同時に押す。
【 ファイル名を指定して実行 】 ウィンドウが立ち上がるので、画像のように 【 regedit 】 と記載して、
【 OK 】 ボタンをクリックする。
「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」とダイアログが出るときがありますが、その場合は、「はい」をクリック。

レジストリエディターで編集するPoliciesへ移動

レジストリエディターが開くので、上部文字バーに下記をコピーして入力する。
画像には冒頭に「コンピューター\」とあるが、そちらはなくても問題がない。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies

上記の文字バーを利用しない場合は、左側で、
【 コンピューター 】 → 【 HKEY_CURRENT_USER 】 → 【 SOFTWARE 】 → 【 Microsoft 】 → 【 Windows 】 → 【 CurrentVersion 】 → 【 Policies 】 と順番にクリックして開いていく。

204-003

左側の 【 Policies 】 の下に 【 Explorer 】 がある場合は、次の項目(レジストリエディターで編集するNoWinKeysを追加)へ移動してください。

204-004

左側の 【 Policies 】 で、右クリック → 【 新規(N) 】 → 【 キー(K) 】 とクリック。
追加された、【 新しいキー #1 】 を 【 Explorer 】 と変更する。

204-005

右側で右クリック → 【 新規(N) 】 → 【 DWORD(32ビット)値(D) 】 をクリック。
追加された、 【 新しい値 #1 】 を 【 NoWinKeys 】 と変更する。

204-006

開いた 【 DWORD(32ビット)値の編集 】 のウィンドウの
値のデーター 【 0 】 を 【 1 】 に変更して 【 OK 】 ボタンをクリック。

再起動すると、Windowsキーのショートカットが無効になります。

無効にするときは、【 NoWinKeys 】 を 【 0 】 にするか、削除してください。

対象OS

Windows10 2004(20H1)辺りのバージョン以降

オススメ記事