【対処法】デスクトップの選択領域の色がなくなったとき Windows10

2021年1月30日

eyecatch_162

不具合内容

Windows10のデスクトップの左ドラッグでの選択範囲の中の色がつかなくなった。

色がある時の画面

162-002

色があるないの画面

162-001
スポンサーリンク

原因

デスクトップの選択範囲の色の有無は、設定で変更ができます。Windows7でも同様な機能がありました。
原因は不明ですが、その設定が変わってしまったと考えられます。
WindowsUpdate後などによく発生します。

対処方法

設定を開く

162-003

画面左下のウィンドウズマークをクリックして、画像の赤で囲った 【 設定 】 ボタンをクリックする。

システムの詳細設定を検索する

162-004

設定画面上部にある、検索ウィンドウ(画像の赤で囲ったところ)で、
「 システムの詳細設定 」
と入れる。
検索ウィンドウの下側に画像のように
「 システムの詳細設定の表示 」
と表示されるので、この文字をクリック

パフォーマンスオプションを開く

162-005

画像のように「システムのプロパティ」ウィンドウで「詳細設定」タブが開かれるので、
画像の赤で囲っている、「パフォーマンス」の「設定(S)」ボタンをクリックする。

半透明の【選択】ツールを表示する

「パフォーマンスオプション」のウィンドウが開くので、画像のように、
「カスタム」の最後にある。
「半透明の【選択】ツールを表示する」
をクリックして、画像のように文字の左にチェックが入るようにする。
「OK」ボタンを押せば完成です。

もし、「半透明の【選択】ツールを表示する」にチェックが入っている場合は、
設定画面と実動作が一致していない状態のバグが発生しています。

  1. 一度チェックを外している状態にして、「OK」ボタンの右横にある「適用(A)」ボタンを押す。
  2. 「半透明の【選択】ツールを表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押せば完了です。

Windows7での治し方(簡略)

この記事を記載の2021年にはもうWindows7が現役ではないことが多いと思いますので、簡略での治し方を記載します。

  1. 画面右下の「スタート」をクリック
  2. 「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」
  3. 左ペインの「システムの詳細設定」をクリック
  4. 「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブで「パフォーマンス」の「設定」をクリック

オススメ記事

eyecatch_150

UWSCで記録ボタン(録画ボタン)が灰色状態(グレーアウト)して押せない…

不具合内容 UWSCの記録ボタンがグレーアウトして押せない。…

eyecatch_395

Untrusted sytem File エラー Windows システムファイ…

問題点 ソフトを実行しようとすると、「c:\Windows\…

eyecatch_183

ショートカットアイコンの矢印を消す方法 Windows10…

問題点 Windows10でデスクトップのショートカットアイ…