WordPress5.5以降 Lazy Loading 停止方法 Native Lazyload

eyecatch_787

問題点

WordPress5.5以降に採用されるようになった、Native Lazyloadを停止させて、画像にLazyloadを無効にさせる必要が出た。

スポンサーリンク

Lazyloadとは

Lazyloadとは、ページの読み込み速度(テキストなどを先に読めるようにする)を上げるために、画像の読み込みを遅延する技術である。WordPress5.5以降は、Native Lazyloadとして標準実装されている。画像のimgタグに自動的に「loading=”lazy”」と入り、機能を動作するようにしている。

Native Lazyload対象は

Native Lazyload対象になるのは、下記条件で出力される画像になります。
※WordPress5.5時点の条件のため、バージョンが上がると変更や追加、削除がある可能性もあり。

images within post content (the_content)
images within post excerpts (the_excerpt)
images within text widgets (widget_text_content)
avatar images (get_avatar)
template images using wp_get_attachment_image() (wp_get_attachment_image)

最初の「the_content」が記事や固定ページに該当されるところです。

Lazy loadingを無効にする方法

WordPress5.5以降で、Lazy loadingを無効にする方法は、下記コードを「functions.php」などに追加すれば可能です。

add_filter( 'wp_lazy_loading_enabled' , '__return_false' );

このコードを追加しますと、Native Lazyloadの機能により、画像のimgタグに自動的に挿入されていた「loading=”lazy”」が入らなくなります。

スポンサーリンク

その他応用例

今回は、詳細を省きますが、「if(is_page~~)」、「if(!is_page~~)」、「if(is_single)」、「if(!is_single)」などを利用して、条件式を組み、特定の記事や固定ページのみ、Lazy loadningを無効にすることも可能です。

オススメ記事

eyecatch_442

開設1ヵ月 ConoHa WING Pagespeed Insights 速度 …

前回計測からの変更点 前回は、Google Adsenseの…

eyecatch_607

PageSpeed Insights パソコンにフィールドデータが出てきました。…

前回計測からの変更点 前回から、記事下とSNSアイコンの間に…

eyecatch_744

強調スニペット google 表示方法 意識した対策に関して…

概要 「ショートカット 矢印」のキーワードで、記事掲載時点で…