WordPressで使用しているプラグイン一覧 ConoHa Wing 2021年2月版

eyecatch_567

WordPressプラグインリスト

567-001

2021年2月現在、ConoHa WingのサーバーのWordPressで使用しているプラグインリストになります。

  • Category Order and Taxonomy Terms Order
  • ConoHa WING コントロールパネルプラグイン
  • ConoHa WING 自動キャッシュクリア
  • EWWW Image Optimizer
  • Google XML Sitemaps
  • Simple Page Ordering
  • Site Kit by Google
  • WebSub/PubSubHubbub
  • Widget Visibility Time Scheduler
  • WordPress Ping Optimizer
  • WP Multibyte Patch
  • WP-Optimize – クリーン、圧縮、キャッシュ
スポンサーリンク

プラグインの内容紹介

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの順番をドラッグアンドドロップで変更ができるようになります。変更場所は、投稿 > Taxonomy Order。

ConoHa WING コントロールパネルプラグイン

WordPressの管理画面上で、ConoHa WINGサーバーのWebに関する設定が行えるプラグインです。一応、入れたままにしています。

ConoHa WING 自動キャッシュクリア

一応、入れたままにしているのですが、これ他のプラグインとかぶらないか、ケンカしていないかがすごく気になっています。

EWWW Image Optimizer

画像の圧縮、ファイルサイズ制限とかかけてくれるプラグイン。ページを開く速度を上げるために、画像のファイルサイズを下げています。そのため、高画質写真サイトでは、使うと画質が下がるので、注意が必要。

Google XML Sitemaps

検索エンジンにサイトマップを送るのに便利なプラグイン。検索エンジンに掲載が必要な場合は、このタイプのプラグインは必須です。

Simple Page Ordering

固定ページ一覧で、固定ページをドラッグアンドドロップで変更することが可能なプラグイン。固定ページを複数扱うときには入れておくと便利。

Site Kit by Google

WordPressの管理画面で、Search Console、Adsense、Analyticsが確認できる。これは使用するかは個人の好みです。

WebSub/PubSubHubbub

WebSub(旧名称PubSubHubbub)のプロトコルに送信します。ブログの更新を専用のところへ連絡するってイメージのものです。一応登録しておいた方がいいです。

Widget Visibility Time Scheduler

ウィジェットのそれぞれの一番下側に、表示/非表示のタイマーの設定ができます。まだ、使い始めたばかりですが、期間限定ウィジェットを作るときに便利です。

WordPress Ping Optimizer

記事更新時にpingを送ってくれるものですね。これは必須ですが、標準設定のままではあまり使えませんので、必ず世界中の必要なサーバーを登録する必要があります。

WP Multibyte Patch

日本語のWordPressの場合、文字化け対策に入れておいた方が無難です。

WP-Optimize – クリーン、圧縮、キャッシュ

画像絡みは、EWWW Image Optimizerと重なりますが、たぶんぶつかってはないと思います。主に、ページのキャッシュ機能が約に立っています。ページのアクセス数が上がった時のアクセス速度低下を防止用になります。

オススメ記事

eyecatch_550

Luxeritasでアイキャッチ画像を記事内に表示する方法…

問題点 WordPressのテーマ、「Luxeritas」の…

eyecatch_787

WordPress5.5以降 Lazy Loading 停止方法 Native …

問題点 WordPress5.5以降に採用されるようになった…

eyecatch_62

ConoHa WING Google Pagespeed Insights 速度…

今回は、このページの立ち上げの理由の1つの、今後を見据えたW…